ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は内申決定日、この日のために今まで努力してきた結果が出る。試験だけでなく提出物や授業態度アピールも頑張ってきた!ポイント稼ぎこと「ぽいかせ」のための努力は充分やってきただろう。どんな結果であっても悔いはないだろう。娘の努力はずっと見てきたので、どんな結果でも褒めてあげようと思う。

今日は4時間授業、いつもより早く帰ってくる、ドキドキしながら結果を待った。。。14時頃連絡が!長女からだ、いきなり号泣。。。2つ上がったけど目標だった3つが上がらなかったことへの悔し泣き。確かに3つ戻す!が目標だったので、悔しい気持ちはよくわかる、でも、下がることもなく2つ上がったのだからよくやったよ!!大泣きする娘を慰めるのに必死でした。

悔しがるの理由はというと、友達と比べ定期テストの点数は自分のほうが上だったのに関わらず、友達の内申が上だったこと。提出物も最高点のA〇だったし、何が足りなかったのか?本人以上に私も納得いかない。先生によって評価の基準が違うのかもしれないが娘の結果を見ると、もう一声で上がる教科がけっこうあった。本当に悔しい。でも結果は変わることないし、この結果が自分の内申持ち点。この内申で勝負しないといけない。あとは当日試験の出来次第だ!

私たちの時代とは違い、今の入試の判断基準は私立併願校は全て内申点で決まる。内申点が達していれば試験もなく「合格」の学校もあるほど。それほど内申点は重要だ。だから子供たちは内申をもらうために必死になる。しかし中にはテストの点数はいいが提出物をださないために内申点が低い子もいる。そんなタイプは今の判断基準は不利になるだろう。でも逆に私立オープン、すなわち当日試験で勝負する。どちらがいいものか。。子供のタイプによって出願方法を考え留必要がある。

そして公立高校も内申点は重要な判断材料となる。私立併願と違って何点以上という決まりはないが、例年の合格者の平均内申を見て判断する。内申が低い場合は当日試験を頑張るしかない。どちらにしても内申は高校受験において合否を分ける重要な材料の一つなので、今後の受験生となるみんなに知ってもらいたい。

それと、英検準2級を持っていると内申点が1点加点される。この1点の差で私立併願校が変わる場合もあるので、こちらも持っていると有利だ。我が家は2年後に次女が受験生!、今から英検の勉強をさせるつもりです。

学校の勉強は充分に頑張った!納得いかない気持ちを今度は当日試験に向けて頑張れ!!


読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければ下のバナーより応援クリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。